専用の薬がある

私のうつ病の心療内科医院での治療について。

心療内科では、精神的に抱えている問題を解決してくれます。仕事や学校などの生活の中で感じるストレスが原因でうつ病になる人は現代社会ではかなり多く、この病気の診断も心療内科で受けることができます。また、診断後は症状の段階に合った治療法で、改善を目指していきます。 うつ病の治療では、専用の薬を処方されます。心療内科医院では、まず朝昼晩三回服用の精神安定剤と抗うつ剤、そして夜寝る前に服用する睡眠導入剤の三種類の薬が処方されます。投薬を続けることによって、気分の落ち込みを解消することができます。やる気の無さや劣等感、孤独感、自信の無さなどを感気分が滅入っていたとしても、すべてはうつ病のせいなので、病気を改善することでこれらすべての症状はスッキリ解消します。

その他回復のための方法について。

心療内科医院で薬を処方してもらった薬を服用することによって、徐々に気持ちが落ち着いてきます。完全に改善するためには続けて薬を飲むことが大切なので、途中で主治医との相談なく勝手に中断するようなことはやめましょう。症状のレベルが高くなってしまうと投薬だけでは症状を緩和することはできても改善することはできないと言った場合もあるので、そのような場合は投薬以外にカウンセリングも同時に受けるようにすることが大切です。カウンセリングは臨床心理士の方とマンツーマンで一週間に一回のペースで行うことが基本で、自分の抱えている悩みを打ち明けることや、偏った考え方を修正させるための認知行動療法などを行います。投薬に加えこのようなカウンセリングもしっかり行なうことによって、更にうつ病の完璧な改善へと近付きます。

生活習慣も関係している

うつ病のはっきりとした原因は、未だにわかっていません。うつ病患者は年々増えているそうで、遺伝要因だけでなく、様々な環境要因が複雑に関与していると言われているのです。 うつ病治療には、精神療法と抗うつ薬を中心とした薬物療法があります。重症度と患者や家族の希望に基づいて、その人に合った治療法を行っていくのです。 うつ病の原因はわかっていないとされていますが、生活習慣やアルコールの乱用も要因のひとつだと言われています。生活習慣病は現代病のひとつですから、これを予防するだけでも、うつ病の予防に繋がるということになります。不規則な生活を送っている現代人というのは、今の日本にたくさんいることでしょう。生活習慣を改善することを考えないと、うつ病になってしまう人も増えてしまうのかもしれません。

周りが見守ってあげることが大事

もし家族や友人にうつ病の人がいたら、そっと見守ってあげることが大事です。重度のうつ病に悩まされている人に対して、発破をかけようとキツイ言葉をかけることがあるでしょうが、これは逆効果です。たとえば風邪をひいた人に、どうしてくしゃみばかりしているのだと言ったところで、本人にはどうしようもありませんよね。 治療を続けて回復期に入ったら、患者本人は徐々に体を動かしたくなってくるものです。しかし、外に踏み出す勇気が出ないこともあるので、そんなときは「一緒に散歩に行こう」などと誘ってみるのもいいでしょう。ただ、無理強いはいけません。また、治療を始めたばかりの時期に、気分転換をさせてあげようと無理矢理うつ病の人を旅行や飲み会などに連れ出したりするのは、悪化させる原因になります。過干渉は良くありませんので、そっと見守ってあげてください。